Elonaはじめました

Elonaは、Noa氏が開発したローグライクなRPGです。

システムはオブリビオンやスカイリムに似ていますね。自由度の高いRPGです。

ただ決定的に違うのは、これが無料で配布されているということです。

パソコンを持っている人ならいつでも気軽に始められますね。

エーテル病がきつすぎ

しかし序盤がかなりきついです。

特に、グローバルマップを歩いていると3の倍数の月に『エーテル』という風が吹き、その『エーテル』に触れることによってかかる『エーテル病』というステータス異常が鬼畜です。

『エーテル病』の症状にはいろいろあって、HP最大値と筋力が減少するという悪いことしかない症状から、足装備が不可になるかわりに速度が上昇するという一応メリットもある症状までさまざまです。

僕はごく初期に、『入手したポーションをランダムで毒薬に変化させる』症状と『定期的にポーションをランダムに消費する』症状のコンボを食らい、苦労しました。

しかし、そもそも『エーテル病』にかからなければいいだけの話なんですけどね。

天候が悪くなると宿屋には『シェルターに入る』という項目が生まれるので、エーテルの風が吹き始めたらシェルターに入ればいいんです。

と余裕をこいていたら、エーテルの風が吹いているのに宿屋の主人が寝ているじゃないですか。

宿屋が起きるのを待っていたらまた僕はエーテル病にかかったとさ……。

(行動→特殊→体当たりで宿屋の主人を起こせば解決。このとき僕はまだこれを知らなかった。しかしどちらにしろカルマは1下がる)

死んだらおとなしく『埋まる』を選ぼう

このゲームは死ぬと、『這い上がる』か『埋まる』を選べます。

『埋まる』を選ぶとウインドウが強制的に閉じられゲーム終了となりますが、『這い上がる』を選ぶとその場に確率でアイテムを落とし金銭が減ります。

僕は毎回『這い上がる』を選んでいたのでジリ貧でしたが、『埋まる』を選ぶことをおぼえるとかなり楽になりました。

『埋まる』を選ぶとウィザードリィのようにそのキャラとは永遠にさよならになると思っていたのでかたくなに拒んでいたのですが、最後にセーブしたところからやり直しになるだけとわかってからは『埋まる』を選ぶどころか右上のバツボタンを押すようになりました。

はじめは何度か投げたけど面白い

まだ始めたばかりだけど面白いです。

パルミア大使館へ毎月税金を納めに行かないといけないのが少々面倒ですが。