坊主にしました

髪が言うことを聞いてくれない

今日は頭を丸洗いして寝ぐせを直したにもかかわらず、頭頂部の髪がぺったんこになってしまいました。

僕は髪の毛が細くて若干天パが入っているので、湿度や皮脂によって髪型が変化します。

それでも髪を短くしていればたいして影響は受けないのですが、最近またちょっと伸びてきました。

ただ、床屋か美容室へ行くとなるとお金がかかるしもうちょっと我慢しようと思ったんです。

なので、とりあえずワックスをつけて誤魔化しましたが、髪に異物が付着している感じが嫌になってきました。

 丸刈り発作を起こす

もう坊主頭にしてしまえ。

面倒だから坊主にしてしまおうという『丸刈り発作』です。

以前は効率主義だったのもあってけっこうこの発作を起こしていました。

たしかに坊主だと髪を洗うのも楽だし、寝ぐせを直す必要もありません。機能性の高い髪型といえるでしょう。

 千円カット(1280円)へGO

思い立ったが吉日。

さっそく近くの千円カット(厳密にいえば1280円だった)へ行きました。

いつもは混んでいるそのお店はなぜか今日ガラガラでした。

自動券売機からチケットが出てくる前からすでに店員のおばさんが待ち受けています。

席に座り、まず顔を剃られました。

いつもと順序が逆だなと思いつつ、顔剃りが終わり、「髪型はどうされますか?」と聞かれました。

「丸刈りでお願いします」

「え、なんて?」

そうなんです。丸刈りにしてくれと頼むと、どの店でもたいてい驚かれるか「本当に丸刈りにしていいんですか?」と念を押されます。

「なにか悪いことでもしたの?」と聞かれることもしばしば。

さて、店員さんは「驚いちゃったよ」と言いながらバリカンの準備を始めます。

いつもは坊主の中でも無難な五分刈り(9mm)にしているのですが、今回は三分刈り(6mm)にしました。

ウィーンバリバリとあっという間に僕の毛が刈り取られていきます。

6mmはちょっと青い

やはり9mmと6mmでは違いました。

9mmはまだ黒いですが、6mmだと頭皮の青さが目立ちます。

それにしても坊主頭の手触りはいいね。