利き耳について

電話で相手の言っていることが聞き取りづらい

僕は電話の際、相手の言っていることがよく聞き取れないということがけっこうあります。

これが知人との電話であればLINE通話に切り替えてもらうこともできるのですが、それ以外の場合だとそうもいかないですよね。

それでも今までなんとかなってきたのですが、最近相手の声が聞き取りづらいことが多いのでちょっと困ってました。

じつは自分の耳が悪かったのか?

このあいだ、彼女と共通の知人と電話したときもやはり声が聞き取りづらかったので、試しに彼女のケータイ(彼女はiPhone・SoftBank、僕はAndroid・au)に電話をかけてもらったんです。

しかし、彼女のケータイでも相手の声が聞き取りづらい。

そこで、知人の声をちゃんと聞き取れるかどうか、彼女に電話を代わりました。

すると、彼女は「ふつうに聞こえますよ」と言うんです。

そんなばかなと思い、再び僕に電話を代わってもらうとやはり声が聞き取りづらい。というかほとんど何を言っているかわからない。

だが、彼女は聞こえるというのだから僕の耳が悪いのだろう。

とはいえ、なんの対策もせずこのまま電話しつづけてもらちが明かないので、なんとなくケータイを左耳に当ててみたんです。

そしたら、なんと相手の声がはっきり聞こえるではないですか。いや、むしろうるさいぐらいです。

ということは、僕は左耳より右耳の聴力が弱いってことか。

どうやら利き耳というものがあるらしい

ネットで軽く調べてみたところ、手や目と同様に利き耳というものがあるらしいということがわかりました。

僕は手は右利きなので、電話をするときは自然と右手にケータイ(または受話器)を持ち右耳に当てていました。

ただ、僕の場合利き耳は左なのでそれだと聞き取りづらいんですね。

今は、電話をするときは左手にケータイを持ち左耳に当てています。ちょっと持ちづらいですけどね。

結論

ということで、電話で相手の声が聞き取りづらいという方は逆の耳に当ててみてはどうでしょうか。