『ネットで会って30分で結婚を決めた話』を読んだ

もともとこの漫画は、著者が自分の夫との出会いを四コマにして軽い気持ちでツイッターにアップしたら、みるみるうちにフォロワーが増えて単行本をも出すことになったそうです。

 僕はツタヤのレンタル落ちコミックのコーナーにてこの漫画を発見し、50円という安さで購入しました。

 2ちゃんねるで会って結婚したという点に驚いた

昨今ネットで会って結婚すること自体はさほど珍しくありませんが、2ちゃんねるで会って結婚したという話は聞いたことがなかったので驚きました。

ネットゲームやSNSを通して付き合うことになったり結婚にまで至ったりというのは自分の身の回りでもよく聞くんですけどね。

僕が2ちゃんねるのオフ会に参加したときは──

ちなみに僕は2ちゃんねるのVIP板というところのオフ会に参加したことがあります。

あれは約9年前だったでしょうか。

VIP板の住人はひきこもりやニートが多いと言われていた時代です。

厳密にいうと、具体的な日時を決めたのは別の掲示板なのですが、それはオフ会の主催者がスネーク(直接参加しないのに嫌がらせでつけてくる人)を避けたいからでした。

別の掲示板に移動すると、童貞クソニートみたいな名前の人がいたりして、やはりVIP板はそういう日陰に生きている人が多いのかなと思いましたが、いざオフ会会場に行くと、就業も就学もしていない人間は僕だけでした。

結局童貞クソニートみたいな名前の人は大学生で、参加者の中には北海道大学の院生もおり、僕は日本人がますます嫌いになりました。

恋愛感情がなくてもうまくゆく結婚生活もあるんだなあ

この漫画のすごい点は、夫婦ともに恋愛感情がないまま結婚を決めたところです。

著者が夫と初めて会ったときに「あ、なんだか私この人と結婚しそう」と直感し、その日のうちに夫もじつはそう感じたことが判明し、即結婚を決めたそうです。

結婚って、恋愛感情がなくても、一緒に暮らすことでお互いにメリットがあるのならそれでいいみたいですね。

よく考えてみれば、結婚して同棲生活を2・3年も続ければだいたいのカップルは恋愛に関わる脳内物質は出なくなるみたいじゃないですか。

だとすると一番重要なのって、どれだけ相手のことを好きかというより、どれだけ思いやりを持てるか・どれだけ相手の考え方や価値観を尊重できるかってことですよね。

この漫画は、オタク同士のすこし風変わりな結婚生活が描かれている

他にも、著者夫婦はお互い人の顔をおぼえるのが苦手だったりと、面白いエピソードが書かれています。