読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千円カットと美容院

今週のお題は「髪型」です。

お題に答えるとアクセス数が稼げるので「千円カットと美容院」というテーマで記事を書こうと思います。

千円カットは注文さえうまくできれば快適

僕はつい最近まで千円カットが苦手でした。

というのは、千円カットの店員は「指示されたことだけやります」という雰囲気なので、明確に「こういう髪型にしてほしい」というビジョンがない僕にとっては少々行きづらかったんですよね。

ただ、行きつけの美容院はカットだけで5000円ぐらいかかるので、こないだ妥協して千円カットのQBハウスへ行ったんです。

しかし、30年近くも生きていると、明確にこうしてほしいという髪型がなくても、店員がどういうことを聞いてくるかなんとなくわかるようになるんです。

具体的にどう注文したかというと、「前髪は眉にかからない程度で、耳は出してもらって、サイドと後ろは刈り上げて、全体的に6・7cm程度の長さにしてください」と言いました。

すると店員が「もみあげは自然で?」と聞いてきたので「自然で」と答えました。自然でなかったらもみあげを横にスパッと切るのかなあ。

なにはともあれ、スムーズに注文が終わり、あとは10分ぐらいで全工程が終了しました。

つまり、注文さえスムーズに行えれば、髪型にあまりこだわらない僕にとって千円カットはけっこう快適なところだと判明したんです。

美容院はなによりこちらの話を聞いてくれるのが良い

かわって美容院は、こちらが「どういう髪型にしたいのか自分でもよくわからない」と迷惑なことを言っても、「こういう髪型が似合うと思いますよ」などと言って対応してくれます。

そして、美容院を利用する最大の理由は、こちらの話をうまく聞いてくれることです。

聞き上手の店員が多いですし、人によってはもはやカウンセリングです。

友達も恋人もいなかった頃は、行きつけの美容院に行くたびに話を聞いてもらえて助かりました。

あと、シャンプーが気持ちいいですね。

千円カットはカットを終えたあと掃除機のようなもので細かい毛を吸い上げますが、それでもちょっと残ってしまうんですよね。

その点美容院はシャンプーで丁寧に頭髪を洗い上げてくれるのですっきりです。

結論

経済的に豊かであれば毎回美容院へ行くと思いますが、僕は男だし髪型にもこだわりがないので、髪を切るだけなら千円カットで十分事足りるようです。