札幌市の対応が早すぎた

穴がありゃすぐゴミを捨てるやついるよね

僕の家の敷地に接している車道には、コンクリートが陥没して小さな穴があいていたんです。大きさにして幅20cm深さ15cmといったところでしょうか。

実際そこを通るぶんには支障はないのですが、けっこうそこにゴミを捨てられるんですよね。

放置自転車のかごにポイ、道に穴があいてりゃポイってやつですね。

それが空き缶や紙くずならこちらで処分もできますが、ライターが捨てられていたときは困りましたね。

以前僕が家にあったライターを処分したときは、ハンマーでライターを叩いてガスを抜くという荒療治で切り抜けましたし。

ということで、知人のすすめもあり、穴を埋めてしまおうということになったのですが、そもそも家の前の車道が私道なのか札幌市道なのかよくわかりません。

なので、札幌市役所の道路管理課というところで調べてきました。

家の前の車道は札幌市道だった

さて、道路管理課へ行くといくつかパソコンが置いてあり、自分で調べられるようになっていたのですが、僕は美人の職員さんに手助けしてもらいながらやりました。

調べた結果、札幌市道ということがわかりましたが、道路の補修は土木センターという部署の担当だからそちらへ電話してくださいと言われたので、さっそく自分が住んでいる区の土木センターへ電話しました。

電話では、「そこは歩道なのか車道なのか」と「どのような穴なのか(僕の場合、コンクリートが陥没していると伝えた。穴の大きさは伝えていない)」とを聞かれ、すぐに調査に向かい対処しますと言われました。

札幌市対応はええ……

すぐに調査に向かうといっても、調査をしてから補修をする業者に連絡をして──といった手順を踏み、早くても2・3日はかかるだろうと思っていました。

しかし、昼過ぎに電話して、20時ごろに帰宅すると、すでに車道の穴は埋められていました。

つまり、その日のうちに直されてしまっていたのです。

いやあ、早い……。札幌市をナメていました。ごめんなさい。