びでおん!(旧 ビデオ屋CAT)

びでおん!は僕が昔住んでいた南郷18丁目付近にあります。

南郷18丁目駅から歩いて5分ぐらいのところです。

店はやきとり屋の隣にありました。ここ最近は暖かいので、やきとり屋の外にはビニールハウスが設置されていました。

ビニールハウス内では家族連れが楽しく食事をしております。

僕はこれから家族連れが楽しく食事しているとなりの建物でオナニーするのかと思うとやや意気消沈しましたが、ブログの記事を書くため意を決して店内へ入ることにしました。

さまざまなコースを選べるのが特徴

しかし、外側から店内は見えないので入りづらい。まるでスナックに一見客として入る気分です。おまけに、日曜・祝日は利用客がいない場合20時で店を閉めると貼り紙にあります。

僕が行ったのはちょうど20時だったので、入口の前で躊躇してしまいました。

なにはともあれ勇気を出して店内へ入り、まずは店主に確認をいれました。

僕「もう時間ぎりぎりですけど大丈夫ですか?」

店主「何分ぐらいご利用ですか?」

僕「90分ぐらいです」

店主「それなら大丈夫ですよ」

店主の許しを得てほっとし、試写室で使うDVDを選ぶことに。

この店はとにかく熟女・人妻系が多いです。一応マニアックなものもあります。

コースは非常に細かく分かれていて、さくっと抜きたい人からじっくり楽しみたい人までさまざまな状況に対応してくれているのがありがたい。

今回時間は、店主に悪いので70分1本800円(交換不可)を選びました。他店ではまず見られない珍しいコースです。(結局ジュースを2本買ったので合計1000円になったのですが)

それにしても、カウンターでドリンクを販売している個室ビデオ店では見たことのないジュースが一つは置かれているような気がします。

ワイヤレスのヘッドフォンが素晴らしい

部屋へ入ると、近くのブースから服のこすれる音がずっと聞こえてきます。

もともと個室ビデオはそういう店なのだから、聞こえてこなかった今までがじつは奇跡的だったのではないかと思う。

さて、タイマーやDVDが入ったカゴを見ると、なんとヘッドフォンがワイヤレスです。個室ビデオでは初めて見ました。実際頭にかけてみると付け心地がよいし、コードに煩わされることもありません。素晴らしい。

自分にはリングは合わなかった

ところで、ブース内の貼り紙には注意書きや鑑賞手順など事細かに書かれており、店主の几帳面さが窺えます。

貼り紙の中に「リングのすすめ」というのがありました。どうやら、「リング」とは勃起力や持続性を上げるためのグッズらしい。興味が湧いたので買ってみることにしました。

店内には500円と600円のリングがありましたが、店主が「600円のは玉ごと縛る上級者向けだから、使ったことがないのであれば500円のほうがいいですよ」と教えてくれたので、500円の「長持ち輪(リング)」という商品を買いました。

しかし、部屋に戻りさっそくペニスの根元に装着してみると、締め付けられる感じが明らかにからだに悪い気がしてすぐに外してしまいました。

勃起力・持続性アップというのは、故意に鬱血させることによってペニスを萎えさせないということなんですね。そうだろうとは思っていましたが、予想そのままでした。

 びでおん!へ行くなら、ツイッターで営業時間を確認してからのほうがよさそう

さくっと一発抜いて店を出ました。

 余談ですが、僕はこのあと昔住んでいたアパートを見に行き、またこの店の付近まで戻ってきたんです。

すると、店のシャッターが閉まっていて僕が出たあとすぐ店を閉めたのはわかったのですが、なにやら小さな貼り紙がはってあります。

気になったので近くまでいくと、「3・4日は休み。5・6・7日は14時オープン 20時クローズ」と書いてあるのがわかりました。

びでおん!のツイッターもあわせて見るとわかるのですが、びでおん!は営業時間が不定期です。どうやらこの日はそもそも20時で受付終了だったようです。

僕が受付をしたときはすでに20時を過ぎていたのでちょっと申し訳ないことをしてしまいました。

今後利用するかもしれないという人は、びでおん!のツイッターで営業時間を確認してから行ったほうがよさそうですね。

 

<2017.5.19 追記>

再びびでおん!を訪ねた。

個室ビデオ店でリピートしたのはこの店が初である。

店主が「カップ系グッズにチカラを入れている」とコメントしてくれていたのを思い出し、近くを通りがかったついでに寄ることにしたのだ。

今回は2時間2枚で1200円というやや特殊なコースを選択。

カップは店主のおすすめを聞き、「制服NUDE セーラーS」を購入した。

「制服NUDE セーラーS」は1900円とお高めだったが、形状が立体的で、まさしく女体にセーラー服を着せたようなデザインとなっていて面白い。(ちなみにネットだともうちょっと安く買えるが、これはコンドームの場合でも同じ。アダルトグッズ自体がネットで買ったほうが安い?)

個室は前回と違って、土足禁止の部屋に案内された。

土足禁止の個室は、服をそこらへんに脱ぎ捨てられるから僕にとっては好ましい。

さて、さっそく「制服NUDE セーラーS」を使ってみたが、付属のローションだけでは滑りが悪い。

それでも、一度しごき始めたら簡単には止まらないのが男のサガ。そのまま一発抜いてしまった。

オナホを使ったあとは掃除が大変なのだが、今回はウェットティッシュをを持参したので普段より楽だった(札幌の個室ビデオ店を制覇してからようやく学んだ)。

2度目の来店で気付いた点

よく見たらこの店のDVDプレイヤーは個室ビデオではよくあるPioneerではなくMITSUBISHIだ。

トイレは和式で、オナニーしたあとに立小便するのは不安だった。

というのも、オナニーしたあとは小便の軌道が変わりやすいからだ。運が悪いと小便がシャワー状になったりする。

(まあ、汚してしまったら徹底的に拭くからいいんだけど。ちなみに今回はセーフだった)

やっぱり人とのつながりを感じられるのが良店かな

試写室を利用したあと店主が気さくに話しかけてくれて、個室ビデオ店の業態やアダルトビデオについて色々教えていただきました。

こういうところが、大手チェーン店にはない良さですね。