無職の恋愛

無職の男が恋愛するのはやはり難しい

貧乏と恋愛 - phaの日記という記事を見て、まったく働いていない人にとっての恋愛について書きたくなった。

結論からいって、経済的に自立できていない男は恋愛するのは難しい。

しかし、難しいというのはあくまでも確率の問題であって、世の中には経済的自立を果たしていないどころかまったく働いていない男でもよいという女もいる。

実際、僕はまったく働いていないにもかかわらず自分の彼女と同棲している。そして、今のところ働いていないことに関して文句を言われることはない。

ただ、今許されているからといってこのまま何もしないでいるとひずみが生まれる気がしてブログを始めるに至ったのだが、ブログが直接収入を得るなにかしらの活動につながるかはわからないし、アフィリエイトもいまだよくわからない。

経済的自立を果たせば彼女が出来る確率は上がるが……

話が逸れたが、たしかに経済的自立を果たせば彼女が出来る確率は上がると思われる。しかし、経済的自立を果たした上で出来た彼女であれば、経済的に誰かに依存する状態になったりはたまた無職になったりした場合、彼氏彼女の関係を維持できるかどうかは定かでない。

(僕は経済的にほぼ自立できていたとき、元彼女に「あんたが仕事をやめたら別れるよ」と言われていた)

つまり、経済的自立を果たして恋愛する権利を得た気になっても、たいていの場合今度はその状態を維持しなければならない。

であるならば、いっそのこと働いているとか働いていないとかあまり気にしない女性を探せばよいのではないか。

ああ、自分で言っておいてなんて困難な道だ!

僕の場合、仕事はしたくないけども恋愛(ひいてはセックス)はどうしてもしたかったのでなんとかならんものかと困っていた際、運良く職業支援施設で今の彼女と出会えただけなのだ。

まあ、世の中にはツイッターで出会っただのネットゲームで出会っただのと無職の男でも色々方法はあるからなんとかするしかない。(丸投げ)

経済的自立より先に恋愛をしよう

しかしそれでも、経済的自立と恋愛の順番は間違いなく恋愛を先にしたほうがよい。

僕の知り合いにも、無職にもかかわらず彼女が出来てそれがきっかけで働くようになった男もいる。

経済的自立を目標にしていたらへたをすると一生恋愛(ひいてはセックス)が出来ずに死ぬ可能性もある。