YouTuberについて

そもそも素人がしゃべっている動画をみるのは嫌だった

最近になって初めてYouTuberと呼ばれる人達の動画を観ました。

僕は今までいわば素人が喋っている動画が嫌でしたし今でもちょっと嫌です。

芸能人と違って洗練されていない感じが嫌です。気の合わない同級生が語りかけてくる感じです。

テレビは出演する芸能人だけでなくスタッフも大勢いますしスポンサーも付いています。編集も第三者の手によっておこなわれます。

だからテレビ(芸能人)は一見奇天烈な人でもなんだかんだで「見るに堪えない」というラインにまではなかなか達しないのでしょう。

一方YouTuberをはじめとしたインターネットに動画を配信している人は、基本的に1人多くても4・5人ですべてを決めるでしょう。ただ、YouTubeなどは編集が入るからまだいいです。生放送なんて生ですから編集すら入りません。そうすると僕にとって見るに堪えないラインを軽々と超えてくる人ばかりになります。

だから素人が喋っている動画は避けていました。

YouTuberの動画が面白い理由

ですが僕って結局暇でしょう。なので、「ちょっと挑戦してみるか」って気持ちで観たんです。

具体名を挙げると「ヒカル」さんと「水溜りボンド」さんです。

これがなかなか面白い。その要因を考えてみます。

まず第一に、ただ会話をするのでなく実際に何かをやる動画が多いから、ということです。

「ヒカル」さんで言えば、ゲームセンターで景品が取れるまで粘ったり、1000円自販機の商品を買い占めたり、有名なものだとテキヤの祭りくじを買い占めしようとした(結局口論になって終わったんだったか?)動画があります。

次に、金を惜しまないということです。

「金を大量にばらまいて視聴数を稼ぐのは下品」などいった批判もありますが、金を惜しまないことによって行くところまで行くことが出来、動画が尻切れトンボにならずすっきりするのです。

第三に、編集が良いというのがあります。

YouTubeはテレビと違って時間制限がありません。よって、しょうもないサブコーナーを作る必要もないので結果無駄がほとんどなくなり、肝心の部分だけ僕達に観させてくれます。

あと、テレビ番組のように字幕が付いているので何を言っているのか何が起こっているのかよくわからんという状況もまずありません。

ただし、まだ僕は「ヒカル」さんと「水溜りボンド」さんの動画ぐらいしか観ていませんが、喋りや掛け合いはやはり芸能人のほうが優れていると感じました。

自分をうつした動画をネットに上げること自体がすでにすごい

とはいえ、何の後ろ盾もなく自分が写っている動画をインターネットにアップロードするという行為自体が、深海魚のような生き方をしている僕にとってはすごいことで、お金をたくさんもらうに充分値することだと思う。

少なくとも今の僕にとっては、ブログを通してこそこそと世に発信するのが精一杯である。