(酔)彼女との同棲

俺は昨年9月以降働いていない。

それにも関わらず生活していけているのは、俺の両親のおかげである。

そして、現在は彼女と二人で暮らしている。

以前の俺の価値観では、働かずに自分の彼女と二人きりで暮らすなんて考えられないことだった。

以前の俺とは、両親・姉と同居していたときのことである。

そのころの俺は、酒とネットゲームだけは続けたく、それ以外は極力お金を使わないようにしていた。

酒で言えば、4リットル焼酎の大五郎やセイコーマートオリジナルの長次郎で間に合わせていた。

ネットゲームは月に5000円以上かからないよう気をつけ、なるべく月額課金のネットゲームをやるようにした。アイテム課金またはガチャ課金のネットゲームが増えてきた時代のころだ。今ではアイテム課金など普通であるが。

この生活がいつ終わるかどうかは別として、現在彼女との二人暮らしが実現できている。そして彼女からは良い影響を受けている。

もちろん彼女と向き合う上で苦労することも多かった。彼女は自分の不満や要望を主張することが苦手だったのだ。彼女の話を聞いているとそれは主に彼女の両親の影響であることがわかった。

だが、俺は頑張って彼女と向き合い最近では泣かれることもない。

無職でも彼女と同棲していいんじゃない?

働いていない男が彼女と二人暮らし(同棲)というだけで過剰反応する日本人は少なくないだろう。

しかし俺は思う。色々な事業において効率化が進められ、ロボット工業が進んだ現在、労働力としての人間はかなり余っているのではないか、と。

無理に働こうとするよりは黙って無職でいたほうが実は世の中のためになるような気がする。