しょうがないからもうちょっと頑張ってみる

しょうがない。ちょっとだけプライベートなことを晒してみよう。

つい最近職業訓練の受講手続きをしたのだが、職員のおっさんに「あんたは親から仕送り受けてっから給付金はもらえないね」と言われた。

なるほど、仕送りも収入のうちに入るらしい。

ちなみに、8万円以上もらってるから給付金対象外とのことだ。

まあ、申込書を提出しにいくときは別の担当を狙って手続きすりゃいいだろう。

と思ったが、職業訓練相談コーナーの窓口には前回俺の担当をしたおっさんしかいない。

予約した時間ギリギリまで待ってみたが、13時というお昼時のせいかやはりそのおっさんしかいない。

俺は観念してそのおっさんに手続きしてもらった。

相手は俺のことを覚えていて「あなたの場合給付金はもらえませんね、よろしいですか?」と聞いてくる。

俺は元気よく「はい!」と答えた。とにかくさっさと手続きを終わらせたかったのだ。

最近では、個人経営の店をやっているおじさんと話すだけでも汗が滝のように出てくる。

なので、給付金はもらえなくてもいいやという気分になってきた。

ちなみに、選択した科は介護だが、介護をやりたいというわけではない。

まあ、そもそも4・5月に開講されている科は介護かパソコンかどちらかしかない。

それ以外の時期に開講されているコースは知らないが、どの時期でもそうなのかな。

何はともあれ、この閉塞感を打破するには手あたり次第にイベントを起こすしかない。