読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あえて嫌な店に入る

今日はネタがないので、もう二度と行くまいと思っていたラーメン屋へあえて行ってみることにしました。

なぜそう決意したかはこちらの記事 なんか嫌 - ゆにっくのブログ の、ラーメン屋での「なんか嫌」をごらんください。

さて、そのラーメン屋へは徒歩で行ったのですが、店に近づくにつれやや緊張してきました。無職生活においては貴重な緊張感です。

店は引き戸が半開きになっており、店内へ入ったあと、入る前と同じだけ引き戸を開けておきました。

店内に客はいませんでした。ひとまずカウンター席に座ります。

しかし、そもそもこの席選びが間違っていました。

というのは、店主は手持無沙汰になるとテレビを見るのですが、僕は店主とテレビの直線状に座ってしまったんです。

だから食べている間、顔を上げづらくて困りました。なにせ(僕が苦手意識を持っている)店主の視界に常に入っているのですから。

さらに、スムーズに注文できるように食べるラーメンを決めていたのですが、店主がウォーターサーバーに氷を補充しているのかなかなかお冷が出てきません。

しかし、「お冷どうぞー」という声と共にお冷をいただき、まずは無事に食べたいラーメンを注文できました。

ところで、「お冷どうぞ」って僕にとってはなんだか新鮮でした(たいていの飲食店だと無言でお冷を置いたあと、「ご注文がお決まりになりましたらお呼びください」とかですよね)。

注文を受けた店主は真顔でラーメンを作りはじめました。

まあ、真顔以外の表情でラーメンを作る人はまずいませんけど、ここの店主は頑固さが滲み出ているような顔でちょっと怖いんです。

なにはともあれラーメンが出来上がり、手渡されました。

チャーシューはとろけるし、麺もスープもうまい。

僕が今まで食べてきたラーメンの中で、確実にベスト3に入る美味しさです。

ただ、スープを飲むのは大変でした。

もともと小食だからスープを飲み干すのが大変というのもありますが、僕は汗をものすごくかくんです。

でも最近は手ぬぐいを持ち歩いていますから、その手ぬぐいで汗を拭きながら頑張ってスープまで飲み干しました。

完食するころには汗どころか鼻水まで出てきました。

そして、「ごちそうさまでした」と言い店主の顔を見たところ、すごくニコニコしているんです。

テレビはニュースが流れているだけだったので、もしかすると汗を拭きながら必死にスープまで飲み干す僕に何か感ずるものがあったのかもしれません(もちろん僕のせいでなく、別のことでニコニコしていたのかもしれないし、ただ単に僕が滑稽に見えたのかもしれない)。

前回とは違い、会計のときはお札をそのまま手で受け取ってくれましたし、僕が再度「どうも、ごちそうさまでした」と言って店を出るときもにこやかに「どうも、ありがとうございましたー」と対応してくれました。

一瞬前回来たときとは別の店員なのかなと思いましたが、食べログのレビューを見るかぎり、前回僕が感じたようなことを書いている方が何人かいるのでたぶん同一人物なんでしょう。

ここからはあくまでも僕の憶測ですが、頑固な人って機嫌によっても他人への対応が変わるし、自分が気に入った人には優しいけどそれ以外の人間にはつっけんどんなイメージがあります。

今回僕は店主の機嫌を損ねないように、神経質に動き、さらには一所懸命に(半ば必死で)ラーメンをすすりましたから気に入られたのではないかと見ています。

ただ、やっぱり緊張しながらラーメンを食べるのは嫌だなあ……。

 

 電車男の映画を見たのでそれについて記事を書こうと思ったのだが、元スレが長くて今日中には読み切れそうにない。

とある無職の一日 ⑦

このシリーズはとりあえず今日で最後にします。

今日は14時間ほど寝て、昼に起きました。

そしてベッドの中でネットサーフィン。

それから僕にしては珍しく朝食を食べ、今度は漫画『ハガネの女』を読みはじめました。

彼女が家の鍵をなくしたので

彼女が外出から帰ってきて家の鍵をなくしたと言うので、買い物をした先に電話してみてはどうかと促しましたが、買い物先からは鍵は見つからなかったと伝えられたようです。

なので、玄関付近や最寄りの駅までの道のりを探しましたが見つからず、地下鉄の駅員に鍵が届けられていないか聞いてみましたが届けられていないとのこと。

もしかすると忘れものセンターに届けられるかもしれないと教えてくれましたが、落とした翌日の17時以降に問い合わせてくださいと言われたので今日は諦めることにしました。

まあ、家の近くで落としていなければ悪用されることはまずないでしょう。

キャッチボールして飯食ってセックス

彼女と公園でキャッチボールをしました。

暗くなっても見えやすいという黄色の軟式ボールを使いましたが、日が暮れるとさすがに見づらくなってきたのでやめることに。

帰ってから、僕が緑のたぬきを、彼女は赤のきつねを食べました。

彼女と風呂に入り、セックス。

酒を飲みながらこの記事を書いています。

酩酊するとまた何かやらかすかもしれません。

とある無職の一日 ⑥

今日は昼に起きてすぐに彼女と風呂に入りました。

その後、お腹が減ったので二人で外食をすることに。

行く店は決めていなかったのでのんびりと散歩をしながらどこで食べようか考えていたのですが、結局すすきのまで行ってしまいました。

二人ともかなりお腹が減っていたので、ぱっと目についた「満龍」に入りラーメンを食べました。

ラーメンを食べたあとは二人して下痢に見舞われながらも、川辺や公園でキャッチボールをして遊びました。

家に帰ってからは漫画(ハガネの女、グッド・ナイト・ワールド)を読んだり彼女とじゃれ合ったりして過ごしました。

そして、今日も酒を飲んでぼーっとしてから寝ます。

 

<翌日 追記>

酒を飲んでからはぼーっとするどころか大声で歌をうたい、彼女と知り合いに「わあああ!」と迷惑LINEを送りました。

迷惑LINEは、翌朝知り合いから「大丈夫?」と返信がきてるのを見て、記憶のないときにやらかしてしまったことを知りました。

とある無職の一日 ⑤

彼女が急にフライパンをひっくり返す

今日は昼に起きて、彼女と月寒のゼビオドームへ行きました。

それは、野球のグローブとボールを買うためだったのですが、事の経緯は今朝彼女がフライパンをひっくり返したことから始まりました。

僕がトイレに起きたとき、彼女は朝食をつくっている最中でした。

どうやらフライパンで鮭を調理している模様。

それを横目にトイレへ行き小便を済ませ、居間に戻ると突然大きな音がしたので驚いてキッチンのほうを見たら、フライパンと鮭が地面に転がっているではないですか。

僕が「どうしたの?」と聞くと、(フライパンの)ふたを開けたらいきなりフライパンが落ちたとのこと。

一瞬どういうことかわかりませんでしたが、フライパンがきちんとコンロの中心に置かれていなかったみたいなんです。

僕からしてみればよっぽど疲れていてもフライパンをコンロから地面に落とすのはなかなか出来るものではないですが、こういうのって知識や知恵の有無でなく空間認識能力ですよね。

そこで、もともと彼女はよく物にぶつかりそうになったりつまずいたりするので、空間認識能力を高めたほうがいいのではないかと思い立ったのです。

空間認識能力を高めるにはどうすればよいかと考えた結果、スポーツが適していると判断し、その中でも特に、動いている物を追いかけるようなものがいいと思いました。

さらに、僕は小学校から中学まで軟式野球をしていましたから、まずはキャッチボールでもしようと提案したのです。

それで、彼女と野球グローブとボールを買いに行くことになったのです。

ゼビオドームへ行った結果

グローブって思ったより高かったです。

安くても9千円前後します。

値段の高さに躊躇し、近くにある中古スポーツ用品店を訪ねましたが、ファーストミットやキャッチャーミットばかりでろくなものがありません。

結局、川辺で二人してうたた寝したあと、ゼビオドームへ戻り新品のグローブを買うことにしました。

彼女は1万円近くの真っ黒なグローブを買い、僕は9千円弱の紐が赤い黒いグローブを買いました。(安く売られているグローブは黒いのが多かったです)

しかし、僕はゼビオカードのポイントが2500円分溜まっていて、結局6000円ぐらいで買えてしまいました。

彼女を巻き込んでけっこう歩いた

4kmほどの道のりを歩いて帰りました。

途中TSUTAYAへ寄り、各々読みたい漫画を借り、帰宅。

買ったグローブの手触りを確かめて、さっそく僕は飲酒。

この記事を書き、今に至ります。

とある無職の一日 ④

今日は正午に起き、2chのまとめサイトを巡回。

腹が減ったらカップラーメンを食べ、ネットサーフィンをしたり、天気が良かったのでぼーっとしたりした。

夕方になると、彼女と風呂に入り、一緒に食事をし、セックス。

それからは一人にしてもらい、飲酒。

特にブログの記事になるようなことはなかったが、彼女に対する理解は深まった。

とある無職の一日 ③

案外丸一日何をやったか晒している人は少ないと思うので、少なくとも1週間はこのシリーズを続けます。

今日は1時間半ぐらいベッドでネットサーフィンをしたあと、東へ6kmほど歩き、途中はま寿司で食事したあとサイクリングロードの脇にあるベンチで日向ぼっこし、びでおん!へ寄りました。

びでおん!の試写室を利用したあと、店主と話をして、地下鉄で自宅に帰りました。

そして、彼女に対してストレスを感じる点について彼女と話し合い、ブログを更新。

酒を飲み、酔いも回ってきたところで今に至ります。

とある無職の一日 ②

今日は昼頃起きて、LINE漫画で『ハガネの女』を2巻まで読みました。

そして、坂爪さんのブログを読み、『世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論』を知り、Amazonで購入。

それから、彼女と一緒に外出し、散歩。

そば屋で食事し、足りなかったので吉野家で黒カレーを食べました。

さらに歩き、南郷丘公園で日向ぼっこし、地下鉄で大通駅で降りて、快活CLUB狸小路店へ行きました。

『ハガネの女』を7巻まで読んで、帰宅しました。

あとは、酒を飲みながらブログを更新。

意識も朦朧としている限りです。